wordpress

動作確認URL利用+Really Simple SSLを有効化しているサイトをそのまま引越しの際は注意が必要

デジタル製品イメージ

セオリーとして

サーバーを引っ越しする際にはすべてのプラグインを無効化してから、

という方法が一般的ですが、

これはご自身で時間をかけて行う際にはできるかもしれません。

ただ、

プラグインが多い場合や時間がかかりすぎるのは困るという場合にはそのままの状態(有効化のまま)で移行させたいとご希望される事も多いと思います。

トライ&エラー

プラグインを有効化したまま引っ越すことをご希望の場合は、

ちょっとした不具合など起こる可能性を「良い経験」としてご了承頂くことが必要です。

その中でも最近経験したわかってないと積んでしまうかもしれない不具合をメモします。

Really Simple SSL

こちらのプラグインは、ワードプレスをSSL化してもブラウザで「保護されていません」と出てしまう事象もクリアしてくれる非常に便利なプラグインで有効化されているサイト様は多くおられると思います。

ただ、

このプラグインの機能として「http://」を「https://」にリダイレクトしてくれる機能がございます。

この機能は、通常.htaccessファイルに記述して行うのですが、

このプラグインではプラグインフォルダ内に設定を保存して行うためドメイン参照フォルダトップの.htaccessには記述されないんです。

引っ越し先でのSSL

引越先にドメインを登録だけではSSLの設定はできないことが多いのですが、エックスサーバーのような「動作確認URL」を利用する場合はSSLの設定ができず非SSLサイトとして確認するしかない状況となります。

となると、動作確認URLでReally Simple SSLのリダイレクトが起こってしまうとSSLのURLが存在しないため、

————————————————–
> 無効なURLです。
> プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
> しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。
> ————————————————–

とドメインが有効化されていない時に表示されるものが表示されてしまいます。

エックスサーバーの担当者様に問い合わせ

結果として大変申し訳ないミスをしているにもかかわらず問い合わせ対応をさせてしまったのですが、

このような場合には「hostsファイル」の編集で引越し前の動作確認を行ってください。

とのことでした。

▼マニュアル:hostsファイルを編集して確認する方法
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_checkproxy.php#link-b

この方法でも問題が

この方法はドメインの設定変更をしていなくても自分のパソコンからは引越し先のサーバーのサイトがドメインで確認できるというもの。

なのですが、

やはりSSLが引越先のサーバーに設定できていないとリダイレクト先のSSLサイトがない事になります。

エックスサーバーの良いところ

このSSLについてもエックスサーバーは引越し前に複数の確認方法で確認が取れれば設定できる機能を最近リリースされたのでhostsファイルでのリダイレクト確認まで出来る事になっています(すごい!)。

https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=5889

ちょっとややこしい

結果としてちょっとややこしい話になってしまったのですが、

簡単なやり方で言うと「動作確認URL」を利用して引越し前の確認をする場合は、

Really Simple SSLを無効化した状態で引越し先サーバーにコピーしましょう。

そうすれば、

無いはずのSSLURLにリダイレクトしてしまう現象が回避できます。

Wordpressの引越し代行させていただきます 同サーバー、別サーバー、復旧、コピー、テストサイトにも

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,800人の購読者に加わりましょう

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。